PCサーバ メモリ

そのうえ、CPUがほぼ多数への2000年代バラの中間部の後のマルチコアになったので
そうすることができたCPUコアの数の上限はPCサーバー飛行機のために
マザーボードを貼りました。
サーバーに特有のメカニズムがそうである管理は、そこなしでマザーボードの上で
一般のPCへのそれであることをインプリメントしました。
それを管理することは遠隔操作と独立したコンピュータです。
そして、「管理コントローラ」または「サービス・プロセッサ」のような名前によって
呼ばれるこのICは管理業務(例えば外側からメインCPUを含んだ全部のサーバーの動きに
ついて独占的なネットワーク行でサーバーの異常の時にと一致する標準の救急またはスタート/停止)を
果たすことができるようになります。
簡単にそれを管理して、この管理メカニズムで、多数のサーバーを管理することができます。


メモリ
メイン・メモリである半導体記憶において、ECC機能によるDDR3 SDRAMは
しばしば採用されます。配備能力は、1GBから32GBまでサーバー機の使用と
需要のために能力によって比較的多様です。
拡張バス
マザーボードの上に小さな板を挿入することによって
さらなる機能を加える拡張バスとして、PCI Expressは通常、採用されます。

PCサーバ 補助記憶装置PCサーバ